胸椎七番の変異【ガン体質を変える】

  • 2013.02.18 Monday
  • 18:55

胸椎七番の変異【ガン体質を変える】

わたしは保険施術も行なっているので、老人の体を診ることも多い。

ガン体質の人は、胸椎の七番の棘突起が下がっているという傾向をもつ。このことは整体法などを少し勉強した方は周知のことだと思う。

不思議なことに、高齢のご老人の背中を触ると、この部位の変異はあるものの、何と言うか、固まってしまっていて、病気すら機能しないような感じを受けるのである。

もしかするとガンというものは、生命を終息させる起点になるものかもしれないが、若い人が命のエネルギーを死に向かって燃やす時に必要なものなのかもしれない。

妙な言い方だが、そんな奇妙なことを思うのである。

この部位の変異は、日常の臨床のなかに於いて、あまりに多い。

そのことへの対応は、整体を行なう者の現代的課題であろう。
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM