整体療法と脳病一切奇妙

  • 2013.03.14 Thursday
  • 00:00

整体療法と脳病一切奇妙

わたしがここで述べる活点(整圧調律点)は整体操法という技法の急処だということである。

脳病の急処というのは、体の様々な処に分布している。

肘の附近にもあり、アキレス腱なども脳の働きの急処である。しかし寝たきりの老人の脳の活力をよみがえらせる急処は、眼と手そのものである。眼球および手掌と五指に刺激をあたえることが先決だと思われる。

脳病の一切奇妙活点というのは、まず眼球に作用する。眼に動きが出てくる。

次にこの眼球に輸気を行なうわけである。

こういうように気の流れに沿って操法をやってゆく。ここに整体療法の秘訣がある。

整体の技法は、押し切るのではなく、抜くことにある。気をあてて圧して、そして抜く。呼吸というか息づかいが大切なのである。

急処にすべての力を集めて活かす。

その昔の療術は、一点の急処を使って治療をした。それは名人技だから為しえたことだとも言える。その技を開発創案した天才にしてそれは出来ることなのではないか?

体の特性や時代がマッチしていたとも言えよう。

整体療法には、急処を掛け合わせてゆくという技法がある。一箇所では勝負せずに、音楽を奏でるように各処を処置してゆく。このことで急処の効き目は何倍にもなる。

このように患者の状況をみて組み立ててゆく。

次回は『脳病奇妙活点と延命十句観音経の奇譚』を述べよう。
 
コメント
傲慢なことですね。

私の叔父、叔母は野口晴哉先生のお弟子でした。

あなたの文章は差別的で傲慢な印象しか受けません。

あなたの様な人に、整体協会や野口先生のことを云々言って貰いたくないです。
  • ひつじ
  • 2014/11/14 11:31 PM
はじめまして。最近、もうひとつのほうのブログを拝見するようになりました。
川島様は沢山の能力をお持ちのようで、失礼ながらこの場をお借りして質問させていただきたいと思いました。
私は、達磨大師伝のインド正仏教に気線を繋ぎたいのですが、今の日本で、そのような団体等はあるのでしょうか。

場違いな質問と存じておりますが、もしご存知でしたらお教えいただければ幸甚です。
  • 若林
  • 2015/11/23 1:17 PM
こんばんは。こちらのページを、初めて拝見しました。

とても面白い内容だと思いました。

続きを楽しみに読んでいましたが、
こちらの記事が最後で、とても残念です。

コメントの一つ目が、非常に良くない内容ですので、
もし、それが気になって、止められたのでしたら、

とてももったい無いです。

川島さんの文章は、「差別的で傲慢な印象」は、何一つ感じない文章で、

まじめに、真摯に患者さんや、整体に対して向かい合っている印象を受けました。

悪意に取るのは、「邪魔をしよう」という思いがあるのかもしれません。

なお、わたしの知人は、野口整体から、独自の治療法を開発した、
「豊田整骨院」(イネイト活性療法)を受けて、体調が良くなり、喜んでいます。

こちらも、すごいです。
  • tarou
  • 2016/06/20 11:16 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM